ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及目標

政府のエネルギー基本計画において「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築の平均で住宅の年間一次エネルギー消費量を正味(ネット)でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
株式会社 神野工務店は、本事業の趣旨に基づき以下のZEH受託率目標を設定し実現に努めます。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは


ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)とは、家庭内で断熱・省エネ性能を向上させ消費するエネルギーより住宅でつくる(太陽光発電システムなどによる発電)エネルギーの方が多い またはゼロになる住まい事です。

ZEH(ネット ・ ゼロ・エネルギーハウス)の家は、夏は涼しく冬は暖かい断熱・気密に優れて省エネ性能を向上させ消費するエネルギーより、住宅でつくる(太陽光発電システムなどに、エネルギーの方が多い(またはゼロになる)省エネ住宅です。

今後の普及目標

2016年度 ZEH受託率 10%
2017年度 ZEH受託率 20%
2018年度 ZEH受託率 30%
2019年度 ZEH受託率 40%
2020年度 ZEH受託率 55%

実績報告

2016年度 ZEH普及実績率 0%
2017年度 ZEH普及実績率 0%
2018年度 ZEH普及実績率 0%
2019年度 ZEH普及実績率 0%
具体的なZEH普及策 完成見学会を開催しZEH住宅を具体的に
知っていただけるよう説明する。
ZEHのコストダウンに向けた具体策 設計段階で 断熱性 気密性を考慮しコストダウンできるプランをお客様に提案する。仕入れ業者と協力しZEH仕様住宅の性能と価格の両立を図る。
その他の取り組みなど ZEH住宅に対しての周知と共に省エネ・地球温暖化に役立つ家造りを行っていきます。



リフォーム ZEH普及目標
トップページ | 注文住宅「雅ハウス」 | モデルハウス | 家づくりの流れ | 施工事例 | お客様の声 | リフォーム | 会社概要 | 無料お見積り 
 リンク集 | プライバシーポリシー | お問い合わせ
ページ先頭へ戻る
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このホームページは、SSLによって通信を保護しています。

Copyright © 神野工務店. All Rights Reserved.